号泣した犬の本   


非情な私でも 「こども」 と 「犬」 の話 (本やドラマ) にはめっぽう弱いです。
 
涙腺刺激されまくりで 泣け!ってなもんです。


ここ数か月の中で一番号泣したのは 「星守る犬」です。



これはマンガなですが、とってもとっても切ないお話なんです。
書店でも平積みされているから読んだ方も多いと思います。
絵は美しくないんですけど、読んでいくうちにどんどんはまります。
そして最後には号泣します。

私は書店で見るたびにウルウルし、じゃじゃとの散歩中ひまわりを見るとまたウルウルします。


それから 「ありがとう、ゴン 片眼を人間に奪われた忠犬からの贈りもの」です。

実話をもとにしたお話で
これも「星守る犬」とはまた違った感動で泣けます。




こういう本を読むとじゃじゃクンをもっと大切にしてあげなくちゃ!と思います。



[PR]

by jajamaru-mama | 2009-08-10 16:50 | 2009年

<< 花火とじゃじゃの散歩 執着 >>