フードが届いた   

a0087120_19553866.jpg昨日の夜、注文していたドックフードが届いた。今回初めて注文するお店で多少の不安もあったが、翌日には商品が到着して安心した。

今回届いたパッケージを見て、あれ?と思った。
英文のパッケージの上に日本語のシールが張ってある。
原産国アメリカになっている。国産品じゃないんだ。
国産品だから3倍も値段が高いんだと思っていた。
何か勘違いしていたみたいだ。
以前、日本で販売している会社に並行輸入品についてメールで問い合わせたことがあった。
メールを探してもう一度読んでみた。

国産品という言葉は完全に私の勘違いだった。
この商品は日本では作っていない。
国産品ではなくて正規取り扱い製品だ。
正規取り扱い商品の原産国はアメリカだが、日本向けの商品は製造工程の品質管理をより厳しくし、輸送中の温度・湿度等にも配慮しながら、最短の時間で効率良く新鮮な製品を届けている・・・ということだった。


昨日の夜はドックフードを混ぜずに手作り食だけを食べさせてみた。
圧力鍋に玄米ご飯、かぼちゃ、キャベツ、白菜、人参、とり胸肉を入れ、煮込む。
いい匂い!
キャベツのみじん切り(生)をくわえて出来上がり!(生キャベツには抗癌作用があるらしい)

じゃじゃのご飯についてはまだまだ悩むことが多い。
[PR]

by jajamaru-mama | 2006-09-27 10:31 | 2006年

<< ネコさんに会いに行った ドライフードを注文した >>