じゃじゃの病気 麻布で検査   



昨日の夕方に↓の記事をアップしたのに
今見たらもうたくさんのお祝いコメントをもらっていて感激しちゃいました。
みなさん、じゃじゃクンを心配してくださってありがとうございます。
じゃじゃクンは幸せ犬です。

本当にありがとうございます

------ U^ェ^U ------

10日、麻布で レントゲン、CT と 細胞を取りました。

臀部上部の中に悪性の腫瘍ができていました。

大きいです。4~5センチくらいあるかな。

腫瘍が大きくなって坐骨神経を圧迫していて足が痛くなったみたいです。

今、右足は筋肉が落ちてほとんどない状態です。

先生は採取した組織を見た上で話をされていたので
口にはださないけどわかっているんだと思います。

病理検査の結果がないから、今の段階で詳しくは言えないんでしょう。(グレートとステージ)

悪性腫瘍とは言ったけど、病名(○○腫)は言わなかったし

このまま何もいしないとどのくらい生きられるかとか

抗がん剤治療をしたらどのくらい生きられるとか

そういった具体的な数字については全く言わなかったです。

話をしたのは

このまま抗がん剤治療をしても効果はない。
(大きくなった腫瘍、目に見えるような腫瘍に抗がん剤の効果はない)

このまま足を残していると、腫瘍が大きくなって、そのうちに破裂する。

足は切断した方がいい。(腫瘍だけとっても後遺症が残る。)

足を切断した場合でも、腫瘍の境界線がはっきりしていないので全ては取りきれない。

肺には転移していない。

転移性の強い腫瘍ではない。(20パーセントくらい)

転移するというよりもどんどん浸潤して大きくなる腫瘍。

根元から切断して、出来る限り骨盤の方まで細胞を取って、
それから残ったガン細胞、目に見えない(浸潤した)細胞を抗がん剤で治療する。
(少しでも長く生きるためにはこれしかもう方法はない)

ただし、足を切断しても切った部分がうまくつかなかったり、
抗がん剤治療をしても副作用がでたり・・・etc.
安楽死せざるを得ないような状態になるリスクはある。

犬は3本脚になっても大丈夫。排泄も散歩もできる。
(ただし、じゃじゃクンは股関節が悪いので、左足に影響が出てくる可能性あり)

P病院の院長先生とも相談してください。

------ U^ェ^U ------

じゃじゃクン、立つのも歩くのも、本当にイタイタしいです。

先週できたことが次々にできなくなっています。

ずっと寝ています。

一番恐れていたのは、
余命●●です。もう治療する手段がありません
って言われること。

切断も頭の片隅にあったので、そうきたか・・・という感じでした。

先生はよく考えて決めてくださいと言っていましたが、
選択する余地がないような気がします。

じゃじゃクンを見てると、このままの状態でいいわけがないし
何もしないで弱って死んでいくのを待つなんて考えられない。
(超高齢犬ならば別だけど)

可能性がそれしかないならば
痛い足は早く取ってしまった方が良いんじゃないかと思います。
(これは夫も同じ考え)

検査結果をみないとわからないことですが
私が考えてしまうのは、今のステージとグレードがどのくらいなのかということと
この状態で抗がん剤治療をしてどのくらい効果があるのかということ。

一番いいのは、足を切って抗がん剤治療をして、がんの完治はできなくても、
あと何年か、とにかく老衰するまで寿命まで、痛みなく生きてくれることなんですが・・・・

一日でも早く切断して浸潤するのを抑えた方がいいと思うんだけど
今は検査結果がでるのを待つしかないんですよね。

P病院の先生はなんて言うかな。

私は切断も抗がん剤もあまり進めないような気がするんだけど
夫は院長先生自ら「俺が切る」って言うような気がするらしい。

------ U^ェ^U ------

昨日のごはんと、ごはんを食べるじゃじゃクンです。
食欲旺盛です。
動かないのに食べるから、体重が増えそうで困ります。
でも今は食べる事しか楽しみがないからねぇ・・・

a0087120_1041111.jpga0087120_10411624.jpg



a0087120_1041396.jpg





[PR]

by jajamaru-mama | 2009-11-13 11:01 | 軟骨肉腫(2009.10-2010.3) | Comments(1)

Commented at 2009-11-14 19:54
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。

<< じゃじゃの病気 検査結果 8歳のお誕生日です >>